千葉県の家族葬の流れと大きなメリット

千葉県の葬儀の傾向は、ニュースでも取り上げられているゼロ葬や直葬に代表される様にコンパクトかつ簡素な葬儀に推移しており、遺族と極限られた親類縁者のみで行う家族葬が葬儀の主流となっています。
この葬儀の流れとしては、一般的な葬儀と同様に医療機関や警察組織から故人の遺体を速やかに引き取り、遺族や故人の希望に合わせて自宅や業者の葬儀場で故人の身支度や通夜及び告別式を行い、遺族の希望で火葬後に葬祭場で初七日法要まで行うケースも増えている一方で、この葬儀は多くの弔問客や参列者を想定していない上に気心の知れた身内だけで葬儀を行うので世間体や従来の葬式仏教の慣習を気にする必要が無く、僧侶による読経や初七日法要など宗教色を完全に排除する無宗教の葬儀が増えています。

家族葬の大きなメリットと事前の準備の必要性

この葬儀は、遺族と極限られた親族で行う事によって弔問客への返礼品や振る舞い膳の費用に加え、遺族と極限られた親族で葬儀を行うので不必要な見栄を張る必要が無く、葬儀業者にとって粗利益率の高いレンタル葬具や棺などに無駄な費用を費やす事無く経済的な点が最も支持されている葬儀ですが、参列者の数や葬具のグレードなどの定義が葬儀業界でも明確化されておらず、葬儀業者や地域によって大きく異なっているのが現状です。
その為、参列者の数が数人から一般的な葬儀と全く遜色無い100人以上となる葬儀も多いので、業者に依頼する前に参列する親族を絞り込んでおく必要があります。又、この葬儀は、一般的な葬儀と同様の流れで行われる事が主流となっていますが、葬儀自体に制約が無いので花葬や音楽葬、お別れ会など故人の望む流れで行われるケースも増えています。

参列をお断りする縁者への事前報告の必要性

千葉県は、高度成長期に首都東京に通う地方の労働力を数多く受け入れてきた事で古くから受け継がれて来た葬儀に関する地域的慣習は首都圏に近い程希薄になっていますが、県南部の農村地域や漁村地域では今も俗に互助会組織と呼ばれる葬式組が機能している地域があり、古い慣習の残る地域では今もなお盛大な葬儀が死者への最大の手向けと考えているので少人数かつ必要最低限の葬具で行われる葬儀に対して嫌悪感を如実に表す親族も少なくないのが現状です。
家族葬を行う場合には、葬儀を行った後に故人や遺族の意向を伝えるのでは無く、存命中に故人から直接親族に話し理解して貰う方が後の人間関係に悪影響が少なく賢明とされ、何処の葬儀業者でも親族に理解を求める為の挨拶状を準備しているので不安な時は葬儀業者にアドバイスを求めるべきです。

返礼品に関しましては質に拘りながら様々な品物をご用意させて頂いております。 ご葬儀のプランとして、一般のプラン・家族葬プラン・会員プランがございます。詳しくはHPをご覧下さい。 当社は自社に料理部門がある為、その季節に厳選された食材でのお料理をひとつずつお作りさせて頂いております。 一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 家族葬は千葉の「昭和セレモニー」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加