参列者の範囲をチェック!千葉県の家族葬

最近は、従来の葬儀に代わって家族葬と呼ばれる葬儀スタイルの需要が高まっており、千葉県でも選ぶ方が増えていると言えるでしょう。従来の葬儀との違いは、家族や親族、そして友人、知人といったごく限られた方たちに参列者を絞るため小規模な式になるということです。なので、あまり多くの参列者を望まない方や、付き合いがそれほど多くない方などに受け入れられており、千葉県の中でも特に都市部の方に選ばれています。 このスタイルの葬儀は小規模なのが特徴ですが、いったいどの範囲まで参列者を呼べばいいのかという問題があります。文字通り家族だけでいいのか、それとももっと範囲を広げるべきなのかということで悩む方も少なくないでしょう。ですので、ここでは葬儀に呼ぶ参列者はどこまでにしたらいいのかや、葬儀に呼ばない方への対応について紹介します。

どこまで呼ぶかは家族の考え次第

家族葬で呼ぶ参列者の範囲については、明確な決まりはありません。ですので、基本的には家族(遺族)がどういう葬儀にしたいかということによって変わると言えるでしょう。 例えば、他の参列者を交えずに家族だけで静かに故人を偲びたいという場合であれば、文字通り家族だけのごく少人数で行うとよいと言えます。しかし、ごく親しい付き合いをしていた方にも同席してもらいたいという場合であれば、故人の友人まで呼ぶということになるでしょう。 そして家族の意見だけでなく、故人であれば誰を呼んで欲しいかということも一つの判断基準になると言えます。また参列者を限定すると、参列したかったのにできなかったという方が出てくる場合もあるため、その可能性がある方に関しては、参列していただくということも検討すべきでしょう。

葬儀に呼ばない方への対応の仕方

家族葬に呼ばない方については、葬儀を行うことについての案内を行うと、家族だけの葬儀なので参列は控えたほうがいいと考える場合や、案内が来たので参列しようと考える場合があると言えます。つまりどうしたらいいか判断に迷ってしまう場合があるため、葬儀に呼ばない方には案内を送らないのが基本だと言えるでしょう。ですので葬儀に呼ばない方に対しては、葬儀が終わった後に、身内だけで行ったということを手紙などで知らせるのが一般的です。 しかし、故人が亡くなったことだけは知らせたいという場合は、身内だけで葬儀を行うことにしたので参列は辞退していただきたいという旨を伝えるとよいでしょう。また、人づてに葬儀のことを聞きつけて参列しようとする方も稀にいますが、その場合は、その方の気持ちを汲んで一緒に故人を偲ぶことも必要になるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加