千葉で家族葬をした時の香典返し

近年では、平均寿命も延びて高齢まで長生きする人も増えており、長寿の人が亡くなった時に故人と同じくらいの年齢の人に声をかけても、寝たきりであったり足腰が悪いなど高齢であることを理由に参列してもらえないことも多いものです。そのために、千葉県内でも葬儀は家族だけで行うという家族葬という形をとる家庭も増えてきました。 葬儀に参列してもらった場合には、家族葬であっても香典を用意してもらった以上は香典返しを渡す必要があります。本来であれば、四十九日の法要が終わってから挨拶状とともに用意することになるのですが、今日では葬儀の場で渡すという当日返しが採用されることも増えています。しかし、高額な香典をいただいたのであれば、差額分を後から贈る必要も出てきます。

家族であっても失礼にならないような金額で

家族葬でも、別々に暮らしている家族となると後から香典返しを贈るにも手間がかかるため、当日返しをしたいと考えている人もいるでしょう。しかし、どのくらいの香典を包んでもらえるのかが分からないので、いくらの商品を用意したらいいのか困ってしまうことになります。近しい人たちだけの葬儀でもあるので10,000円以上は包んでもらえる可能性が高くなるので、その場合の半返しとして5,000円程度の商品を選んでおくといいでしょう。 もしも実際にいただいた香典が30,000万円だった場合、本来であれば15,000円から10,000円程度の品を選ぶことになります。しかし、当日返しで5,000円の品を贈っているので、四十九日が終わった後には差額分として10,000円から5,000円程度の品物をおくってあげれば失礼にはなりません。

どのような商品が選ばれているのか

香典返しは、千葉県内でも昔からのさまざまな風習が残っていて選ばれるべきものが決まっているという地域もありますが、近年ではカタログギフトも活躍をしています。カタログギフトは、結婚披露宴の引き出物として多く利用されてきたのですが、今日ではさまざまなシーンで利用ができるように豊富な種類が用意されています。2,000円程度の手頃な価格から数万円もするような高額なカタログまであるので、予算に合わせて選ぶことができます。 香典返しは、いただいた香典の金額の半分から1/3程度の金額の商品を用意するというのがマナーとなっています。高額すぎても安すぎても失礼にあたるために値段に合った商品が見つからないと困ってしまうこともありますが、カタログギフトならば細かな料金設定でぴったりのものを見つけることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加